QLOOKアクセス解析

糖尿病 不眠

気持ち良く寝るためにはしっかりとした睡眠を取ることが必要です。快眠できる睡眠方法など寝ることについてを深堀りしていきます。

糖尿病による不眠症や睡眠障害のリスク

太っている人・中年のおじさん

糖尿病を患っている人は通常の健康な人に比べると約2倍〜3倍は不眠症や睡眠障害に悩まされていることがわかっています。どんな症状が多いのかというと睡眠時間のリズムが作れない。また食事が不規則な傾向もわかっています。

不眠といった症状はなった人はわかると思いますが、寝たいのに寝れないといったストレスが溜まるものです。加えて日常の家庭や仕事のストレスも蓄積されてきますので非常にメンタルや健康にも被害を与えるものであるとされています。そして睡眠不足の日々が続くとこの糖尿病にもかかりやすいリスクが増えるとされています。

糖尿病は血糖値が上がる病気でもあるため、神経を興奮させるホルモンやストレス性のホルモンも多く分泌する傾向があります。

糖尿病による不眠症の症状というのは、喉が乾くことによる夜間の起床。夜間頻尿、他にも寝ている間に異常に発汗したり、脚のしびれなどがあるとされています。

治療をしていても糖尿病の薬は血糖値を下げすぎる場合もあり、低血糖への不安で眠れいない人もいるのが特徴的であります。

もし上記のような症状が現れた場合には糖尿病による不眠の可能性もありますので医者に診断してもらい適切なアドバイスや治療を勧めてもらうようにしましょう。