QLOOKアクセス解析

朝日 睡眠

気持ち良く寝るためにはしっかりとした睡眠を取ることが必要です。快眠できる睡眠方法など寝ることについてを深堀りしていきます。

太陽光を浴びてメラトニンを放出!

太陽の画像

1日の時間は24時間と決まっていますが、実は私たちの体内時計というのは約25時間周期で働いています。そして調整役を努めてくれるのがこの朝日なのです。朝の太陽光は体内時計をリセットする効果が一番高いとされています。

主に朝6時〜8時までの間が太陽光が良いです。

太陽光を浴びることで体内のリズムが整い、毎日同じくらいの時間に眠くなるようになります。眠気を誘う物質のメラトニンは朝の光を浴びてから約14時間前後で分泌を開始します。

つまり朝の陽光を浴びることで夜になると眠気成分であるメラトニンがしっかりと分泌される仕組みになっているのです。

まず朝起きたらカーテンを全開にしましょう。自然光が入る窓際で30分程度、日光を浴びるだけかなり体の調子も変わってきます。もし日差しが入らない部屋の場合は朝の時間帯に少し散歩などして積極的に日光を浴びることが大切です。

もし昼と夜の生活が逆転している場合でも太陽がでている間に起きて、自然光に当たることが健康にも良いことなのでできるだけ太陽光を浴びるような生活をすることで質の良い睡眠ライフを作ることができます。