QLOOKアクセス解析

アルコール タバコ 寝れなくなる

気持ち良く寝るためにはしっかりとした睡眠を取ることが必要です。快眠できる睡眠方法など寝ることについてを深堀りしていきます。

就寝前のアルコールやタバコについて

まずはお酒の話からしましょ。
アルコールを摂取すると寝酒になるとされています。確かにアルコールには眠りを誘う作用というのがあることがわかっています。しかし実は眠りが浅くなってしまい、朝早くに目が覚めてしまう。夜中に目が覚めてしまうといったトラブルも抱えています同時に女性の場合はアルコールによって溜まった水分が体の中に残ってしまい、翌日のむくみに繋がるケースもあります。

毎日寝酒していると徐々にその傾向が見られてきます。お酒に頼らないと眠れない人はアルコール依存の可能性も秘めていますので、気をつけるようにしましょう。

そしてタバコですが、タバコに含まれるニコチンは覚醒作用があるとされています。つまり夜中に目が覚めてしまったり、朝方になるとすぐに目が覚めてしまうような怖いものでもあるのです。

もし喫煙をしている場合はできるだけ寝る1時間〜2時間前くらいは喫煙を避けることがベストとされています。

またこの両方、タバコとアルコールは体の健康を害する代表的なものでもありますね。

健康のためにも量を減らしたり、やめたりする覚悟も必要になってきます。