QLOOKアクセス解析

快眠する方法

気持ち良く寝るためにはしっかりとした睡眠を取ることが必要です。快眠できる睡眠方法など寝ることについてを深堀りしていきます。

快眠をするためには誤解を解くことから!

寝ている女性の画像

日本人の5人に1人はしっかりと眠りにつくことができないとされています。熟睡ができないと人は少しでも気持ちよく眠れるように快眠のための情報を集めようとします。現代ではインターネットが発達しているのですぐにネット検索すれば快眠方法を見つけることができます。ですが、こういったインターネットの情報の中にはまったく根拠のないものが数多くあります。

実際に私が拝見した情報で間違いが多いと感じたことは。。。

  • アルコールを入れれば寝れる
  • 疲労すれば寝れる
  • 毎日同じ時間に布団に入ると寝れる

このような情報がありました。今では睡眠に対する研究も昔に比べて進んでおり、敬遠しがちな睡眠薬といったものも安全性は十分にあります。ですが間違った情報を鵜呑みして実践することは体の健康にもよくありませんのでしっかりとした睡眠に対する知識をつけることが大切となります。


眠りにまつわるウソ&ホント!

長く眠った方が健康には良い!?

長く睡眠をとった方が体の健康に良いといった都市伝説がありますが、これは大きな間違いです。個人によって最適な睡眠時間というのは決まりがあります。短時間の睡眠でしっかりと体を回復して元気に体を動かせる人もいます。
 

睡眠時間が8時間が一番良い!?

短時間の睡眠は睡眠不足だという人がいますが、人間が必要とする睡眠は8時間が最適といった情報もありますが、上記であげたように個人によって睡眠時間の最適は違います。8時間寝て調子が良い人もいれば、調子が悪くなる人もいるので一概に8時間睡眠が良いと言えません。
 

早寝早起きは体に良い!?

ことわざでもあるほど、早め早起きは体に良いとった言葉がありますが、朝型が全てにおいて良いと言われればそうではありません。夜型にもメリットがあり、極端な生活にならないことが大切とされています。
 

寝酒は良い!?

お酒を飲むと眠りが良くなるといった情報がありますが、過剰な摂取はダメです。適度なアルコールは寝付きがよくなる効果がありますが、実は浅い睡眠状態になりやすく質の良い睡眠が取れないといったデータがあります。


むくみ体質は寝付きが悪い?

特に女性に多い浮腫みですが眠りとの因果関係というのは立証されていません。実際に寝ている時には下半身に溜まった余計なものが上半身に流れてくるので眠りとはあまり関係がないとされています。酷い症状の場合にはもしかしたら顔や下半身に不快症状がでて寝付きの悪さを助長してしまうケースもあるかもしれませんが、基本的にはむくんでいるからといって眠りが妨げられるものではありません。
どうしても気になる方はこういった解消グッズがありますので試してみるのも良いと思いますよ!


睡眠の役割について

人間は眠気が起こり、睡眠を取ります。この寝ること事態に人にとってどんなメリットがあるのでしょうか。素朴な疑問ですが、答得られる人はあまり数多くありません。

睡眠のもっとも大きな役割というのは、起きている間に疲れた体と脳を休ませることにあります。また肌の修復時間にもなりますので女性であれば美容のためにもしっかりとした質の良い睡眠を心がけることが美肌への近道でもあるのです。

睡眠にはサイクルがあり、ノンレム睡眠とレム睡眠といった状態があります。レム睡眠は脳がまだ起きている状態で自律神経の働きも高いですが、ノンレム睡眠は全ての働きが低下して体を休めている状態となります。これが寝ている間には交互におとずれています。

ですが、睡眠不足などで疲れが回復できないと免疫力を低下させて病気になりやすくなります。また寝ている時間には体の中の成長ホルモンが分泌されるんですが、眠りが浅かったりするとこの分泌が正常に行われません。特に若い世代ではこの睡眠時間に大量の成長ホルモンが分泌される傾向があるので十分な睡眠を取ることが体の成長にも繋がります。


睡眠薬に頼らない安眠方法

サプリの画像

睡眠薬には依存性や副作用といったものが少なからずあります。これをなしで質の高い睡眠を得るには食生活であったり、生活習慣の改善をすることが大切です。また漢方を使った方法などもありますが素人が上手に調合することは難しいといった面があります。

そこで私が提案したいのが休息をサポートするサプリメントです。

質の高い睡眠を作るためにはセロトニンと呼ばれる脳内物質を多く分泌すると良いとされています。そのセロトニンを作るには食事などでアミノ酸やトリプトファンと呼ばれる成分を補給することが大切です。それが体内で形を変えてセロトニンとして脳に伝達されます。

しかし、実際には食事から必要量を摂取しようとするとかなりたくさんの素材を食べなくてはいけません。食が細い方であれば到底無理な量なのです。そういった時にサプリメントを活用すれば手軽に必要量を摂取することができますよね。また食事で無理やりまかなうよりもコストが安くてすみます。

こちらの睡眠サプリのサイトで紹介されているようなものがそれに当てはまります。睡眠薬を使うよりも安心できてハマる人にはメリットが高いものとなっていますよ。